初心者でも利用可能

女性

USBメモリのセキュリティには、「暗号化」と「ロック」の二つの方法があります。どちらも第三者がUSBメモリ内のファイルにアクセスできなくなる方法で、これらのセキュリティを正しく設定することで、紛失、盗難に遭ってもメモリ内の情報を安全に保護することができます。 「暗号化」にも「ロック」にもパスワードの設定が必要になります。パスワードが分からなくなると復号化、ロック解除ができなくなってしまいますので、パスワードの管理には注意しましょう。誰かとメディアを共有する場合も、パスワードが外部に漏れないよう十分気を付けてください。個人でのみ使用する場合、指紋認証ができるUSBメモリも販売されていますので、パスワードの管理に自信がない人はこちらを利用するとよいでしょう。

USBメモリの暗号化をすると、メモリ内の情報に暗号がかかり情報を取り出されても内容が分からなくなります。ロックはメモリに鍵をかけてファイルを見えなくし、情報そのものを取り出せないようにします。 どちらの方法も、メモリそのものを強制的に暗号化・ロックする方法と、メモリの一部のファイルのみ暗号化・ロックする方法があります。メモリそのものを暗号化・ロックするには、それぞれのセキュリティに対応したUSBメモリを購入する必要があります。一部のファイルのみ暗号化・ロックする場合は、それぞれに対応したソフトを使用し設定します。フリーソフトでも色々ありますので探してみるのもいいでしょう。 正しくセキュリティを設定し、大事な情報を安心安全に管理しましょう。